お問い合わせ

トップページへ

デンタルオフィス大森ロゴ

むし歯について

むし歯は、バイオフィルム感染症であり、生活習慣病の側面も持っています。
また、むし歯は、ミュータンス菌(MS菌)の感染によるものと、唾液の減少等で生じるMS菌以外による根面う蝕に分けられます。

小児のむし歯はMS菌による感染症であることが、最近の実験結果から明らかになってきました。つまり、MS菌を感染させなければ子供のむし歯はできないのです。では、どうしたらMS菌の感染から子供の歯を守ることができるのでしょうか?

MS菌は、砂糖からグルカンというネバネバ物質(バイオフィルム)を作り出してこれをすみかに歯の表面に住み着きます。(唾液に流れ落ちたミュータンス菌は生き延びることができません。)乳歯が生えそろう1歳から3歳の間に主に保育者から歯の表面に住み着く常在菌を受け継ぎますが、その中にMS菌が高比率で存在するとMS菌がすみついてしまいます。また、MS菌は砂糖の存在下ではじめて歯の表面に住み着き増殖します(これはマウスの実験で証明されています)。ですから、1歳から3歳頃までのお子様に対しては、バイオフィルム(ミュータンス菌のすみか:歯垢)を徹底的に除去すること、感染源となるお母様、お父様の口腔内の菌を減らすこと、そしてお砂糖を制限することによって、MS菌の感染から歯を守ることができます。

歯周病が進行したり、加齢変化で歯周組織が失われて、エナメル質で覆われていない歯根が露出してきますと、MS菌以外の菌によっても容易にむし歯が進行してしまいます(根面う蝕)。このむし歯をコントロールするのは非常に困難です。進行する前に、歯周組織の喪失を予防することが大切です。

当院では、以上のことをふまえて、むし歯に対しては予防を徹底して行っています。

カリエスリスクテストおよび予防プログラム 

では、むし歯予防を行うには何から始めればよいのでしょうか?

現状の把握を行い、問題点を改善する方法をお勧めします。

MS菌が住み着いたら、必ずむし歯になって穴があくわけではありません。むし歯は、住み着いたMS菌が糖を分解したときに出る酸が原因になっておこります。歯の表面が酸にさらされて酸性の状態が続くと、ミネラルが溶け出してやがては穴があいてしまいます。しかし、初期の段階で唾液によってうまく再石灰化が行われれば、むし歯は進行せずに治癒します。再石灰化がうまく行われない場合にむし歯が進行してしまうのです。その原因をチェックして改善することにより、むし歯を予防することができます。

残念ながら進行したむし歯になってしまった場合は、できるだけ削らず、しかしまたむし歯が進行しないよう適切なむし歯の処置を行っていきます。(保険診療)

PMTC+歯質強化

乳歯が生え始めてから永久歯へ交換する時期には、むし歯菌が住み着かないようにするために積極的にPMTC+歯質強化を行うことをお勧めします。(年に2〜4回)
歯の表面からバイオフィルムを除去して、むし歯予防効果の高い薬物塗布を行い、再石灰化を促進します。薬物には、高濃度(約9000ppm)のフッ素等を用います。

3DS法(むし歯菌の除菌)

むし菌が口腔内の常在菌の中で高い比率で存在する場合、3DS法で除菌することをお勧めします。
口腔内常在菌の中で共生菌と呼ばれる無害な菌(ストレプトコッカス.ミティス等)は、唾液の中でも生存することができますが、むし歯の病原菌であるミュータンス菌は、歯の表面にしか生存することができません。この性質を利用してミュータンス菌のみを除菌することができます。

3DS法の実際:

1)カスタムトレーを作成します。
2)医院で、口腔内のバイオフイルムを徹底的に除去します(1回目)。
3)トレーを用いてミュータンス菌を選択的に除菌し、
  あわせてフッ素塗布を行います。
4)術後10日間、寝る前にトレーを用いてフッ化物を作用させます(約5分)。
5) 必要に応じて、医院で口腔内のバイオフイルムを徹底的に除去します
  (2回目)。
6) トレーを用いてミュータンス菌を選択的に除菌し、
  あわせてフッ素塗布を行います。術後10日間、寝る前にトレーを用いて
  フッ化物を作用させます(約5分)。

以上の方法で、ホームケアの協力が得られた場合、むし歯菌(MS菌)の比率を下げることができます。

ホームメインテナンス(歯質強化)

初期う蝕で歯の表面が白っぽくなってしまった場合、エナメル質の表面に欠損はできていませんが強度は下がっています。この段階であれば、ホームメインテナンス(歯質強化)を行うことによって元に戻すことができます。使用する薬剤(CPP-ACP)は、ラットの研究で効率のよい再石灰化促進剤であることが証明されており、また、知覚過敏の症状の緩和も期待されています。

ホームメインテナンス(歯質強化)の実際:

1) カスタムトレーを作成します。
2) 適切なブラッシング等でお口の中のプラーク除去を行います。
3) トレーにMIペーストを注入し、口腔内に装着します。
4) 約3分間保持した後、うがいをせずに、飲食も30分以上ひかえていただきます。(寝る前に行うのが効果的です。)

以上の方法を続けることによって、弱くなった歯の表面を硬くする(結果的に白くなった歯を元に戻す)ことができます。

メインテナンス

必要な治療が終了した方は、より良い状態を保つために定期的にメインテナンスを行うことをお勧めします。

基本コース
毎日のお手入れだけでは届かない部分まで、プロフェッショナル衛生士がお掃除します。

着色除去コース
着色部分を機材を用いて落とした後、毎日のお手入れだけでは届かない部分まで、プロフェッショナル衛生士がお掃除します。

歯質強化コース
毎日のお手入れだけでは届かない部分までプロフェッショナル衛生士がお掃除した後、歯質を強化させる高濃度フッ素を塗布します。

歯周病について

歯周病は、歯周病菌が原因で起きるバイオフィルム感染症です。

特徴は、慢性に進むため自覚症状が出にくいこと、30代後半から進行しやすくなることです。

定期的にメインテナンスを行っていった場合、本来そう簡単に進行する病気ではありません(特殊なものを除いて、基本的には生活習慣病に分類されます)。残念ながら進行してしまった場合は、進行を食い止めて維持するか、最悪抜歯することになります。できるだけ進行する前に治療に入る方が、生涯ご自分の歯で食べていただける確率が高くなります。

自覚症状のある方もない方も、成人の方には一度歯周病のチェックをすることをお勧めします。

歯周治療の流れ

1. 検査およびホームケアのチェック
2. 歯周基本治療(歯石取り)
3. 再検査→場合によっては歯周外科
4. メインテナンス

状態によってかかる時間は異なります。
最初の検査の時点で大まかなスケジュールを説明させていただきます。

歯周病を悪化させる因子として、喫煙、歯ぎしり、食いしばりの癖、かみ合わせのアンバランス等があります。
歯周基本治療を行いながら、必要な処置を行っていきます。

Copyright (c) 2005 Dental Office Omori All rights reserved.