お問い合わせ

トップページへ

デンタルオフィス大森ロゴ

歯を失った場合の治療法

現在行われている方法は以下の3通りです。

ブリッジ

欠損の両隣在歯を削って被せます。両隣在歯に負担がかかる欠点があります。保険診療でも可能です。審美的改善には、ハイブリッドセラミック前装冠、あるいはジルコニアによる補綴をお勧めします。

義歯

取り外し式で、残存歯に維持を求めます。違和感が強い場合が多く、維持を求めた歯に負担をかける欠点があります。保険診療でも可能です。

インプラント

歯を失った場合に、骨の中に人工歯根(インプラント)を埋入して歯を再現する方法です。
今まで取り外しの入れ歯しか方法がなかった部位にも、固定式の歯を入れることができます。また、隣の歯に負担をかけることなく歯を再現できるので、長期的にはブリッジにするよりも歯の寿命を延ばすことができます。
当院では、機能的に咬めるように、また審美的に損傷ないように考慮したインプラント治療を行っています。
インプラント治療では、周囲炎を起こさないようにすることが重要です。
そのために、治療に入る前に歯周病をしっかりコントロールする必要があります。また、治療終了後も定期的なメインテナンスを行うことが大切です。

治療の流れ

1. 診査、診断の後、最終的な補綴物を予想した位置にインプラントを埋入する治療計画を立てます。
2. インプラント体の埋入手術:骨の中にインプラント体を埋入します。
3. 2次手術:骨との結合を待って、粘膜の処置を行います。
4. 印象:かたどりをします。
5. 仮歯の装着:仮の歯で咬み合わせを確認します。
6. 最終補綴物を装着します。

インプラントの症例

上下、左右の奥歯に歯が入り、入れ歯がなくても咬めるようになりました。

インプラントの症例

インプラントの症例

左上5番は、両隣の歯を削らずに歯を入れることができました。

インプラントの症例

破折した左上2番は、両隣の歯を削らずに歯を入れることができました。

Copyright (c) 2005 Dental Office Omori All rights reserved.